学会事務局からのお知らせ

「名古屋議定書実施に向けた意見交換会」のお知らせ

海外からの遺伝資源の取り扱いに関する名古屋議定書に関する意見交換会が、国立遺伝学研究所の主催で開催されます。東京日本橋、6月25日午後です。
最新情報と申し込みは国立遺伝学研究所ABS対策チームのサイトをご覧下さい。意見交換会チラシ(pdf)を添付いたします。

「第5回日本微生物連盟フォーラム」開催のお知らせ

2015年4月24日(金)、東京・新宿で、第5回日本微生物学連盟フォーラム「長寿社会における感染症への対応~元気なお年寄りであり続けるために~」が開催されます。参加費は無料、定員は先着120名です。
詳細は微生物学連盟サイトの案内ページをご覧下さい。フライヤー(PDF)を掲載いたします。

”とっとり”発 菌類きのこセミナー のお知らせ

2月27日、大阪市にて鳥取県と関西経済連合会が主催するセミナー「“とっとり” 発 菌類きのこセミナー ~『食品・創薬・環境浄化・健康管理』分野にビジネスチャンスあり~」が開催されます。鳥取県庁による案内ページはこちら。
「多様な機能がある菌類きのこは、食用をはじめ、創薬・環境浄化(ダイオキシン 他)・健康管理などの幅広い分野の企業に活用されており、様々な技術などを把握できる絶好の機会です」とのことです。参加費は無料ですが、2月12日までにチラシ添付の申込書を用いてお申し込み下さい。定員は100名です。

「第4回日本微生物学連盟フォーラム」開催のお知らせ

来る2月7日(土)、東京大学駒場キャンパス 21KOMCEEにて、第4回日本微生物学連盟フォーラム『ユネスコ無形文化遺産「和食」とそれを支える微生物』が開催されます。
近畿大学名誉教授 寺下隆夫先生の「微生物としてのきのこと、きのこの食材としての価値を考える」と題したご講演もあります。
詳細はフォーラム告知ページをご覧ください。
フォーラムチラシ.pdfはこのページからダウンロードできます。

本学会も共催しています。皆様、奮ってご参加ください。