学会事務局からのお知らせ

公開シンポジウムのお知らせ

研究コンソーシアム「シイタケ再開共同研究機関」が、放射能汚染地域で原木栽培シイタケ関連産業を再開するための研究を紹介するシンポジウム「放射能汚染地域におけるシイタケ原木林の利用再開・再生」を開催します。12/6(木)、東京・赤坂です。定員は180名、無料ですが事前登録が必要です。
申込方法など詳しくは森林総合研究所の案内ページをご覧下さい。

2018年度きのこセミナー・菌類観察会 アクセス案内

10/7-8に開催される「2018年度日本きのこ学会きのこセミナー・菌類観察会」参加者への無料送迎バスのご案内です。
往路便ご乗車の方は、13:15までに飯山駅1階観光案内所前に集合して下さい。
復路便は10/8(月)13:30ホテル発の予定で、所要時間はどちらも通常30分程度です。

国際ワークショップ「タイ遺伝資源の取得と利用」のお知らせ

日本は生物多様性条約名古屋議定書の締約国となったことから、海外からの遺伝資源の取得には「ABS指針」として様々な制約がかけられています。国立遺伝学研究所がタイからABSの専門家を招いて標記のワークショップを開催しますので、ご案内します。

第22回大会は予定通り開催します

9月6日未明に北海道地方で発生した地震では、大規模停電が発生するなど、学会大会の可否について多数のお問い合わせをいただいているところです。
9月12日より函館市で開催予定の第22回大会につきましては、支障なく開催できるとの判断が得られましたので、予定通り開催いたします。安心してご参集下さい。
第22回大会開催文20180906.pdf

シンポジウム「微生物科学の新たな学知創出を目指して」のご案内

「東京大学微生物科学イノベーション連携研究機構」の発足を記念して、シンポジウム「微生物科学の新たな学知創出を目指して」が開催されます。
 日時:2018年8月21日(火) 13:00-18:05
 場所:東京大学農学部弥生講堂一条ホール
プログラム等は微生物学連盟のサイトにある案内ページをご覧下さい。

静岡県立農林環境専門職大学(仮称)専任教員公募のお知らせ

2020年4月の開学を目指し、全国初の農林業分野の専門職大学、専門職短期大学として、4年制の静岡県立農林環境専門職大学(仮称)及び2年制の静岡県立農林環境専門職大学短期大学部(仮称)の開設準備が進められています。つきましては,専任教員の公募がありましたので案内致します。専任教員の公募について

【会告】日本きのこ学会第22 回大会(2018 年度)開催のお知らせ

日本きのこ学会第20回大会は、2018年9月12日(水)-14日(金)に、北海道のサンリフレ函館および函館アリーナにおいて開催いたします。詳細は添付の会告(日本きのこ学会第22回大会(2018年度)開催のお知らせ)を、申込様式等は「年次大会情報」をご覧ください。
講演要旨提出締切日は7月6日(金)17時、参加予約締め切りは7月31日(火)17時です。
多数のご参加・ご発表をお待ちしております。

【会告】日本きのこ学会誌の充実と広告・PR 記事の掲載のお願い

日本きのこ学会誌は、これまでニュースレター(NL)が果たしてきた機能を統合しました。今日的な問題を含め分かりやすく解説した記事を研究・開発や技術の普及にご利用いただけるように,総説あるいはきのこ情報として掲載していきます。
NLで検討されてきた広告については、日本きのこ学会誌に掲載できるようになりました。団体会員には年間1ページを無償提供するほか、正会員、学生会員も有償での掲載が可能です。詳細は添付の
会告(日本きのこ学会誌の充実と広告・PR記事の掲載のお願い)をご覧下さい。
これからも本学会の運営・活動にご理解ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

【会告】名誉会員候補者の推薦依頼について

日本きのこ学会では,日本きのこ学会会則および日本きのこ学会名誉会員選考規程に基づき,2018年度の名誉会員を選考します.詳細は会告本文をご覧下さい
会告(名誉会員候補者の推薦依頼について).pdf
御推薦頂く場合には,以下の要領にしたがって推薦書を2017年6月30日(土)(必着)までに事務局宛にお送り下さい

ホクト生物科学振興財団からの研究助成のご案内

ホクト生物科学振興財団では、バイオテクノロジーを主体とする生物科学に関する調査・研究・技術開発を行う若手研究者育成のため、助成先を一般公募します。詳細はH30ホクト生物科学振興財団助成先公募(pdf)および平成30年度申請書(doc)をご覧ください。締め切りは8月27日です。

第7回日本微生物学連盟フォーラムのお知らせ

12月16日(土)に、東京大学駒場キャンパスにて「第7回日本微生物学連盟フォーラム『微生物:変わり者たちの素顔』」が開催されます。10:30~17:00、申込は必要ですが参加費は無料です。詳しくは添付の「第7回日本微生物連盟フォーラム「微生物:変わり者たちの素顔」をご覧下さい。

【会告】2017年度学会賞受賞候補者の推薦依頼について

日本きのこ学会では、2017年度「日本きのこ学会賞」、「日本きのこ学会奨励賞」および「日本きのこ学会技術賞」を会則等に基づき授与します。各賞に値する業績を挙げた者を選考委員会に推薦することができますので、会告【2017年度学会賞受賞候補者の推薦依頼について】をご覧の上、2017年12月20日(必着)までに推薦書を庶務担当理事宛にお送り下さい。