日本きのこ学会主催以外のイベント情報など

外部イベント

2023年度日本微生物学連盟「野本賞」候補者募集

日本微生物学連盟は、微生物学分野において、学術的に優れた一連の研究に基づく論文、著書等を発表し、今後一層の活躍が期待できる本連盟加盟学術団体正会員(45 歳以下)に対し、野本賞を授与しています。本賞は連盟初代理事長の故・野本明男先生に因んで名づけられたものです。日本きのこ学会は、微生物学連盟加盟団体です。

自薦他薦ともに受け付けています。3カテゴリーに分かれていますが、分野横断的な研究や基礎科学的な研究についても対象となりますので、あまりこだわらず関わりのあるカテゴリーでご応募下さい。添付の募集要項(第4回(2023年度)日本微生物学連盟賞募集要項.pdf)に基づき、応募書類(日本微生物学連盟「野本賞」応募書類.docx)を微生物学連盟事務局に提出して下さい(日本きのこ学会ではありません)。締切は2023年1月31日です。

東京農大シンポジウム「きのこ産業の現状と研究の最前線」

2022年9月17日 13:00~16:20 の日程で、標記のシンポジウムが開催されます。ポスターはこちら。

13:10~14:00 フィリピンセントラルルソン州立大学副学長 Renato Gutierrez REYES 氏
14:00~14:30 林野庁特用林産対策室室長 塚田直子
14:30〜15:00 東京農業大学学長 江口文陽
15:20~15:50 南九州大学教授 吉本博明
15:50~16:20 東京農業大学教授 篠原弘亮

申し込み締め切り:9/14 17:00まで

詳細はこのURLで随時更新いたします。→https://www.nodai.ac.jp/nri/society/groups/3/

MIKA(革新的無線通信技術に関する横断型研究会)2022のご案内

2022年10月12日(水)〜10月15日(土)、新潟市民プラザにて、MIKA2022が開催されます。現地とオンライン参加によるハイブリッド開催です。

革新的無線通信技術に関する横断型研究会MIKA (Multiple Innovative Kenkyu-kai Association for wireless communications) は,電子情報通信学会に所属する団体であり,通信工学分野の中の様々な技術分野を横断的に議論する会議となります.日本きのこ学会は「MIKA2022 農業ICT 特別セッション」に協賛しており、会員は当該セッションに無料で参加できます。

農業ICT特別セッション
1. 高木 浩一氏 (岩手大学)
「時空間制御された電場の農業・食品分野への利用」
2. 竹村 圭弘氏 (鳥取大学)
3. 高梨 琢磨氏(森林総合研究所)
4. 平栗 健史氏(日本工業大学)

詳しくは大会サイトをご覧下さい。

令和 4 年度 ホクト生物科学振興財団 助成先公募

バイオテクノロジーを主体とする生物科学に携わる若手研究者育成のため、大学・公的研究機関等に所属する若手研究者に対し、20-100万円程度の研究奨励金を給付します。高等学校の生徒教員については10-20万円程度助成します。申請は郵送にて「令和 4年 8月26日(金) 必着」で、公益財団 法人ホクト生物科学振興財団に提出して下さい。

令和4年度助成先公募を添付いたしました。詳細は下記財団のサイトをご覧下さい。

公益財団法人ホクト生物科学振興財団

2022年度日本微生物学連盟「野本賞」候補者募集

日本微生物学連盟は、微生物学分野において、学術的に優れた一連の研究に基づく論文、著書等を発表し、今後一層の活躍が期待できる本連盟加盟学術団体正会員(45 歳以下)に対し、野本賞を授与しています。本賞は連盟初代理事長の故・野本明男先生に因んで名づけられたものです。添付の募集要項に基づき、応募書類を微生物学連盟事務局に提出して下さい。締切は2022年1月17日です。

教員公募:京都大学大学院農学研究科 寄附講座「糸状菌・環境インターフェイス工学講座」特定准教授または特定助教

京都大学大学院農学研究科では、発酵研究所寄附講座「糸状菌・環境インターフェイス工学講座」の教員の公募を開始しました。応募期限は令和4年1月26日必着です。詳細は京都大学の公募情報をご覧下さい。

 資料:糸状菌・環境インターフェイス工学講座特定教員公募要領2021.pdf

(8/31追加訂正)MIKA2021(2021年革新的無線通信技術に関する横断型研究会)のご案内

2021年10月27日(水)〜10月29日(金)に、沖縄県那覇市とオンラインとのハイブリッドで、「電子情報通信学会 通信ソサイエティ MIKA 革新的無線通信技術に関する横断型研究会」による研究集会MIKA2021が開催されます。日本きのこ学会はMIKA2021に協賛いたします。農業ICTスペシャルセッションには日本きのこ学会会員の向井裕美氏(森林総研)も登壇します。(農林水産 ICT スペシャルセッションは、無料で聴講していただけます。)

参加申込はまだ始まっていませんが、ポスター発表は募集中です。参加申し込み中、ポスター発表も募集しています。詳細はMIKA2021各種申込のページをご覧下さい。本記事にもMIKA案内文を添付いたしました。(8/31追記)

みどりの学術賞 受賞記念イベントのお知らせ

「みどりの学術賞」は、国内において植物、森林、緑地、造園、自然保護等に係る研究、技術の開発その他「みどり」に関する学術上の顕著な功績のあった個人に政府(内閣府)が授与する賞で、2007年から始まり、これまで30名が受賞しています。第15回受賞者のお二人の受賞記念イベントが以下の通り開催されます。YouTube Live (Miraikan Channel) でのインターネット放送があります。

2021年7月3日(土) 14:00~15:00 田畑哲之先生 「植物の情報を読み解く!~植物ゲノム研究でわかること、できること~

2021年7月18日(日) 14:00~15:00 武内和彦先生 「武内先生と考えよう! 自然も人も大切にできる社会のつくりかた」

配信アドレスは、日本科学未来館イベントページにて決まり次第告知されます。事前申込は不要です。

候補者募集:科学技術分野の文部科学大臣表彰

科学技術分野の文部科学大臣表彰(科学技術賞、若手科学者賞、研究支援賞)受賞候補者の推薦依頼がありました。候補者として自薦・他薦される方は、6月末を目処に学会事務局までお申し出下さい。特に女性および海外で活動される方の積極的な応募をお願いします。候補者については学会で選考の上、文部科学省に送ります。

公募情報など詳細については文部科学省サイトの「令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者の推薦について」のページをご覧下さい。

World Microbe Forum のお知らせ(日本微生物学連盟より)

中止になったFEMS (Federation of European Microbiological Societies, ヨーロッパ微生物学会連盟) の総会の代わりに、FEMSとASM (American Society for Microbiology, アメリカ微生物学会)との合同オンライン会議 (World Microbe Forum)が本年6月20日~24日に開催されることになりました。日本微生物学連盟も参加することになり、シンポジウムを3件程度開催する予定です。日本きのこ学会は日本微生物学連盟に加盟しているため、日本きのこ学会会員の方は割引料金でWorld Microbe Forumに参加登録することが可能です。WorldMicrobe Forumの開催と会員特典のご案内.docxをご覧の上、演題応募を含む積極的な参加をお願いいたします。

令和2年度 森林総合研究所 公開講演会 「きのこを知る ―微生物研究の最前線」

(国研)森林機構森林総合研究所の令和2年度の公開講演会は、「きのこを知る ―微生物研究の最前線」というテーマで開催されます。本年度は会場に集合しての講演会ではなく、オンライン開催となります。

森林総研サイトでの開催告知:令和2年度 森林総合研究所 公開講演会「きのこを知る―微生物研究の最前線」

動画はYouTube「森林総研チャンネル」を利用してのオンデマンド配信となります。

候補者募集:科学技術分野の文部科学大臣表彰

文部科学大臣表彰(科学技術賞、若手科学者賞、研究支援賞)受賞候補者の推薦依頼がありました。候補者として自薦・他薦される方は、月末を目処に学会事務局までお申し出下さい。特に女性および海外で活動される方の積極的な応募をお願いします。候補者については学会で選考の上、文部科学省に送ります。

詳細については文部科学省サイトの「科学技術分野の文部科学大臣表彰」のページをご覧下さい。

【延長】日本きのこ学会が日本学術振興会第11回育志賞受賞候補者に推薦する候補者としての立候補および推薦の募集

日本学術振興会が日本の大学院博士課程学生を対象に授与している「育志賞」について、日本きのこ学会から日本学術振興会に対し受賞候補者として推薦する対象者を募集します。

立候補または推薦する場合は、日本きのこ学会事務局まで5月20日までに申し込んでいただきますようお願いします。日本きのこ学会内部で検討の上、学会の推薦を得た候補者はさらに日本学術振興会で選考されて受賞者が決定されます。(参考:ポスター日本学術振興会候補者推薦

 

本件につきまして、日本学術振興会では新型コロナウイルス感染症の影響により受付を7月に延期しました。それに伴い、日本きのこ学会として学振に推薦する候補者の受付を6月22日までに延長いたします。立候補または推薦される方は6月22日までに事務局にお申し込み下さい。

ホクト生物科学振興財団による若手研究者助成のご案内

公益財団法人ホクト生物科学振興財団では、バイオテクノロジーを主体とする生物科学に関する調査・研究・技術開発を行う若手研究者育成のため、助成先を一般公募します。助成の対象は大学等の若手研究者の他、高等学校の教員や生徒、個人の研究者です。詳細は公募案内(PDF)をご覧下さい。応募には申請用紙(Word, PDF)をご利用下さい。財団のページからもご利用になれます。

本年度の応募締切は8月25日です。お問い合わせは財団事務局へお願いいたします。

発酵研究所寄附講座「糸状菌・環境インターフェイス工学講座」の開設記念式典・シンポジウム開催のお知らせ

財団法人発酵研究所(IFO)の寄付講座として京都大学大学院農学研究科に開設された『糸状菌・環境インターフェイス工学講座』の開設記念式典・シンポジウム『IFOがつなぐ京大微生物学のフロントライン』が2019年11月22日に開催されます。

詳しい情報は添付のファイル 記念シンポジウム.PDF をご覧下さい。なお、お問い合わせは京都大学へお願いいたします。

日本微生物学連盟「野本賞」受賞候補者募集のお知らせ

微生物関係の諸学会からなる日本微生物学連盟では、本年度より「野本賞」を創設し、募集を開始することになりました。

対象者は「微生物学分野において、学術的に優れた一連の研究に基づく論文、著書等を発表し、今後一層の活躍が期待できる本連盟加盟学術団体正会員」です。

募集の詳細については微生物学連盟の野本賞募集のページ、および添付の募集要項応募書類をご覧下さい。

綜合画像研究支援 創立15周年記念シンポジウムのお知らせ

日本微生物学連盟より、下記の記念式典・記念シンポジウムのご案内をいただきました。

[認定NPO法人 綜合画像研究支援(IIRS)創立十五周年記念行事・記念シンポジウム
 ~次世代の支援プラットフォームは何をめざすべきか~]

2019年11月8日(金)に東京大学・伊藤国際学術研究センター(文京区本郷)で開催されます。

参加費やプログラムなど詳細は、添付のポスターまたは綜合画像研究支援の公式案内ページをご覧下さい。

みどりの学術賞 受賞講演会(内閣府)

本年度の「みどりの学術賞」を受賞者の記念講演会が令和元年6月22日(土)に内閣府講堂(東京都千代田区永田町1-6-1)にて開催されます.参加を希望される方は,6月16日(日)までに添付ファイルの申込書をFAXまたはWeb上の参加申し込みフォームより申し込みください.

みどりの学術賞講演会