日本きのこ学会の概要

日本きのこ学会は、きのこに関する学理とその応用技術について、発表、連絡、知識の交換、情報の提供を行う場となることにより、きのこの科学技術に関する研究の普及を図り、わが国の学術と関連産業の発展に寄与することを目的として、活動しています。

 

 

沿 革

「日本きのこ学会」は,わが国におけるきのこの科学と応用技術の発展を図ることを目的として,平成16年4月に改称・新発足した日本学術会議の学術登録団体です。この学会は平成元年に発足した「きのこ技術集談会」およびそれから発展した「日本応用きのこ学会」を前身にして今日に至ったものです。


「きのこ技術集談会」は,学術研究ときのこ産業技術で,産学官の関係者が研究発表,知識交換,情報提供の場となりうる会合を持ち,交流を図ることを目的として平成元年に団体会員90社,個人会員25名からなる任意団体として設立されました。平成6年10月には,会誌として「きのこの科学」を創刊し年4回発行されました。


平成9年7月には,集談会を学会に改組し「日本応用きのこ学会」が発足し,団体会員58社,個人会員213名,学生会員17名の会員構成で学会設立がなされました。同年,日本学術会議の学術登録団体に認められ,微生物学研究連絡委員会に委員を推薦できるようになりました。また,平成12年には学会誌が学術刊行物の許可を受けました。

 

平成16年4月より「日本きのこ学会」に改称され,きのこの科学と応用技術の発展を図り,さらにきのこを愛好する民間の方々へも組織を広げることが本学会の基盤強化になると考えています。さらに,国際共同研究の推進にも積極的に取り組み,日中韓で「東アジア国際きのこ会議」が組織され,きのこ研究の国際交流に役割を果たしてきました。


現在,団体・個人・学生など総数450名規模の会員で,年次大会・シンポジウムには200-450名の参加者があります。ワークショップ・技術研究会,国際会議の開催や,学会誌の発行などに加えて平成16年からはきのこ採集会・鑑定会を開催し,全国のきのこ愛好者が気軽に参加できるようにしています。

 

第11期(平成29年4月~平成31年3月)
役員・評議員・幹事・編集委員

理事

会   長: 高畠幸司
副会長,庶務・将来構想担当:松井徳光
庶務:霜村 典宏
編集・事務局担当:会見忠則
渉外・広報担当:明間民央
会計担当:本間裕人
集会(きのこ観察会)・会則・渉外担当:増野和彦
集会(ワークショップ)・将来構想担当:川村倫子

集会(ワークショップ)・法人化担当:前澤憲雄[(一社)日本マイスター協会]

集会(年次大会,国際会議)担当:白坂憲章
普及・広報・渉外担当:吹春俊光

会計監査:

 

評議員(正会員)

阿部正範・有馬 忍・上田光宏・江口文陽・大内謙二・大賀祥治・大﨑久美子・金子周平・河岸洋和・木田マリ・金城典子・楠田瑞穂・小林久泰・坂本裕一・鮫島正浩・鮫島由香・菅原冬樹・鈴木 彰・砂川政英・関谷 敦・武井利之・玉井 裕・辻山彰一・寺嶋芳江・時本景亮・根田 仁・原田 陽・原田栄津子・福井陸夫・福田正樹・福田泰久・本田与一・前川二太郎・宮崎和弘・宮澤紀子・森永 力・山内隆弘・山田明義・吉本博明

 

評議員(団体会員)

 

()秋山種菌研究所 製造部野中三大日本農林種菌(株)飯田武則

上田産業()堀 雄一()信ナカビーエスセンター荻原大輔

()歌志内太陽ファーム中谷 誠()ハルカインターナショナル井上九州男

()大木きのこ種菌研究所北島良信()富士種菌相場幸敏

()河村式種菌研究所斉藤良次ホクト()きのこ総合研究所稲富 聡

()キノックス木村榮一()北研川嶋健市

ジャパンアグリテック(株)馬場隆彦マッシュ・テック()江口優美

()すずき食品研究所髙井清敬(有)妙義ナバファーム黛 紀昭

()高野キノコプラント高野康弘森産業(株)研究開発部清水 豊

()千曲化成唐木田郁夫ヤエガキ醗酵技研()タパン・クマル・マズムダル

中野市農業協同組合江口栄光()雪国まいたけ足利 厳

()日健総本社 田中記念研究所森 伸夫()リコム浜屋忠生

 

幹 事

庶  務:大﨑久美子(選挙担当),鮫島由香(会則担当)

編集委員長

会見忠則

 

編集委員

明間民央・霜村典宏・原田 陽・福田泰久・早乙女梢・松井徳光・森 智夫・福井陸夫・山内隆弘(特許・新種苗・新技術担当)・
吹春俊光(ニュースレター担当)

事務局

〒680-8553

鳥取市湖山町南4丁目101番地
鳥取大学農学部微生物資源学分野

日本きのこ学会事務局 担当:会見(あいみ)